カードローンの限度額

キャッシング会社のホームページに「融資限度額500万円」とか「最大融資限度額1,000万円」と書かれているのを見たことが有ると思いますが、誰でも最大融資額でお金を借りられると思うのは大きな間違いです。
お金を借りたいとカードローン比較するとき「自分ならどれくらいまで借りられる」ということが一番気になるところです。
どれくらいまで借りられるを「利用限度額」といい、申込者の収入や現在、過去の借入状況などに応じて審査で決まります。

 

「総量規制による利用限度額」

いくら多くのお金を借りたいと思っても、返済ができないほどのお金は借りられません。
消費者金融のキャッシングは、法律でどれくらいまで融資をしてもよいのかは法律によって決められています。
貸金業法の総量規制で決められているのは「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があり、年収によって貸付けのお金が決まるというものです。
たとえば、年収450万円の人が申込をした場合、最大で150万円まで貸付けてもよいということになります。
しかし、初回申込時にこの金額で貸してもらえません。
ほとんどの場合、初回申込時は様子を見るということもあって、せいぜい50万円以内になります。

 

銀行カードローンの場合は、総量規制の適用を受けません。
そのため限度額は、銀行の審査によって決まるのでどれくらいまで借りられるのかは実際に申込をして審査を受けないとわからないと言えます。
ただ、年収に関係なく利用限度額が決まるので、場合によっては年収の2分の1程度の融資は可能なようです。

 

「利用限度額はどうやって決まる?」

キャッシングの申込をすると必ず審査があります。
審査とは、申込書に記入した、氏名や生年月日、職業、勤続年数、年収、勤務形態、他社からの借入金額、過去の返済履歴などの情報を元に「お金を貸しても大丈夫か」「いくらまでなら貸せる」といった判断をすることです。
一般的には同じ勤務先での勤続年数が長い正社員で、他社からの借入がない、と言う人のほうが利用限度額が高くなり、勤続年数が短い、すでに借入がある、という人は利用限度額が低くなる場合が多いようです。

 

「利用限度額は増やせない?」

消費者金融や銀行カードローンでは利用を続けていると増額申請ができるようになります。
増額申請は初回利用時から問題なく返済を続けていれば、キャッシング会社から「増額申請しませんか?」といった案内が入るようになります。
また、半年以上返済や借入れを繰り返すことで、自分から申込みもできるようになるので増額申請に通れば利用限度額が増やせます。
ただ、むやみに増額すると必要以上のお金を借りてしまうこともあるので、自分がどれくらいまでなら返済ができるのかを考えることが重要です。

カードローンの申込はインターネットが便利

キャッシングの申込方法は支店窓口(店舗窓口)から申込む方法や郵送・電話による申込方法、最近ではインターネットからの申込ができるようになり、インターネットを利用した申込に人気があります。

 

「インターネット申込に人気が有る理由」

消費者金融や銀行カードローンなどほとんどの金融機関はインターネット申込に対応しています。
インターネット申込はパソコンやスマホで24時間どこからでも申込ができるので、昼間外へ出られないかたや、申込をしているのを人に見られたくないという女性などに人気のある申込方法です。
申込条件はほとんど変わりはなく、年齢20歳以上おおむね65歳までの、安定した収入があれば誰でも申込ができます。
ただ銀行カードローンによってはパートやアルバイト、専業主婦のかたは利用できないカードローンもあり、年収による制限を設けているカードローンもあるので事前に申込が可能なのかを調べておく必要があります。

 

「申込から融資までの流れ」

銀行カードローンをインターネットから申込む場合、即日融資で借りられる銀行カードローンと、融資までに数日かかるカードローンがあり、申込は同じですが、その後の流れが違ってきます。
即日融資が可能なカードローンは、申込を済ませるとすぐに仮審査がおこなわれます。
仮審査が終われば審査結果や融資限度額がすぐにメールや電話で連絡が入り、仮審査の結果を確認したあと、本人確認書類を画像に取り、メールに添付して送信すると本審査が始まります。
本審査で書類確認や在籍確認が終了すれば、指定の口座へ振込してもら得るようになります。

 

即日融資に対応していない銀行カードローンは、申込をするとすぐに審査が終わる銀行もあれば、2,3日を要する銀行もあります。
仮審査が終わったあと、書類が郵送されてくるので、書類に必要事項を記入なつ印をして、返送します。

 

書類が到着次第本審査がおこなわれ、その結果でカードが郵送されてくるので、お金が借りられるようになるのは早くても5日程度かかります。
また、銀行カードローンの中には申込先の銀行に口座を持っている必要があるカードローンもあります。
こういった場合、即日融資が可能な銀行カードローンでも口座がなければ即日融資でお金が借りられませんので注意が必要です。

 

消費者金融は申込方法から融資までの流れはほとんど同じですが、銀行カードローンは申込後の流れがそれぞれの銀行によって違うので、即日融資で借りるつもりが借りられなかったということもあるので、事前に確認しておく必要があります。